ももくるソフト(すじ軍 改)

ワレメ(俗)すじ(正式)陰裂 / ももくる WIKI

ワレメ

ワレメ(足を閉じて、陰裂が閉じた状態)のイラスト
直立して足を閉じているため、ワレメ(陰裂)も閉じた状態。

ワレメ(すじ 或いは 陰裂 或いは (女性器)外陰部、英: Vulva 或いは Pudendal cleft 或いは Vagina)は、女性の性器、外陰部における、大陰唇が閉じている状態を指す。

ワレメの形状

開脚によるワレメの変化」及び「ワレメの形状」も参照

ワレメは、女性器の左右を覆う外陰唇が、他外陰唇内部の外性器と内性器を保護するため、左右からせり出して閉じたときにできる裂け目のことをいう。
形状に個人差はあるが、適度な脂肪を含む体質の場合、美しい陰裂を形成する。

形状

女性器の概略図
陰核、陰核包皮と小陰唇及び、大陰唇の位置関係。

ワレメの形状は、肉付きの良さや、小陰唇や陰核包皮の大きさなどに影響される。
肉付きが良好で、かつ陰核、小陰唇の大きさが小さい場合は、ワレメの上部まで一本の線で構成される。開脚しても、ワレメの形状を保つ例もある。
逆に、陰核包皮が大きい場合は、膣口より上の部分は、一本の線でまとまらなくなる。ちょうどアルファベットの「Y」の形状で、左右の外陰唇が合わさりきらなくなる。陰核が大きく、陰核包皮が比較的小さな場合は、陰核を境に、上部と下部で一本の線が形成され、陰核だけ飛び出してしまうこともある。
そして、小陰唇が大きい場合は、左右の外陰唇が合わさらず、半開になったり、小陰唇が一本の線から飛び出した形状の場合もある。

また、個人差や年齢により、ワレメが上付きだったり、下付きだったりする。正面から見たとき、ワレメがしっかり見えるようであれば上付き、あまり見えない場合は下付きに分類される。

発禁

ワレメは、左右の皮膚が合わさっているだけのため、性器とみなさないという説もある。
実写作品では、このワレメが写っている状態の映像が含まれている場合は、公的機関からの指導、あるいはわいせつ物頒布等の罪などに発展することもあり、実質的な発行禁止処分となることもある。但し、日本の法律において、公的機関が検閲を行うことはできないので、正式な発行禁止処分が下ることはないことにはなっている。
しかしながら、陰裂部分に布が食い込み(布地の少ない超ハイレグ水着など)、布地が見えなくなっている場合においては、視覚的には何もつけていないワレメと同様でありながら、一般に流通している作品も少なからず見かけることができる。

漫画におけるワレメ

ワレメが見える一般漫画」も参照

デフォルメされた漫画やアニメ、3Dモデル等は、成人向け作品では、ワレメらしきものを頻繁に見ることができる。ストーリー表現や、本番行為の場面表現など、性的興奮を促す展開のように直接的なコンテンツと違い、デフォルメされて簡略化されているため、ワレメ自体にわいせつ物という定義が当てはまらないためと考えられる。
そして、稀ではあるが、倫理委員会などでレーティングされていない一般的な少年漫画や青年漫画で、ワレメっぽいものを表現している作品も存在しており、そこにはマニアも存在している。

スラング

ワレメの類義語と英語」も参照

ワレメは女性の陰部を表すため、公共の場での使用は避けられる。そのため、複数のスラングが存在する。「すじ」「メコスジ」「まんすじ」などがそれにあたる。
英語圏でも複数のスラングが存在する。ラクダの足、蹄がきれいに二つに割れている様がワレメと似ているため、ラクダの足の英語「Cameltoe」或いは「Camel Toe」と呼ばれる。この場合は生のワレメではなく、下着などがワレメに食い込んでできた筋を指す場合によく使われる。日本語の「まんすじ」と用法が近い。

実際にワレメの画像を探す場合は、「Shaved pussy」或いは「shaved cameltoe」等でよく検索される。

パイパン

2000年代に入って、欧米などで流行り始めたスタイルで、陰毛をシェービングしてつるつるにするというもの。日本でも最近広がりを見せている
視覚的にワレメが強調され、陰毛がないためきれいに見えることもあり、ワレメはファッション化が進んでいる。欧米では整形手術なども進んでおり、一本線でおしゃれなワレメを目指す女性も多くなってきている。いずれは、「見せパン(ツ)」ならぬ、「見せワレメ」「見せすじ」が流行してくると考えられる。

一般的にワレメというワードを使うのは、このパイパンの状態を指すことが多い。

脚注

注釈

出典

関連項目

外部リンク

クレジット以外で「アダルト」ネットコンテンツを購入! クレカ無しで、ネットアダルト同人購入やってみた!
3Dリアルワレメ始動! JK.パブリッシャー